ワード

2008年04月30日

連ドラ初主演の蒼井優が焦る「もうひとつの理由」

 春ドラマがスタートして、焦っているひとりは蒼井優(22)か。

 蒼井の連ドラは22日が初回の「おせん」(日本テレビ)。蒼井にとってはこれが初主演で、老舗の料亭を舞台に朝酒、朝湯が好きな風変わりなおかみを演じている。

 この視聴率は10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。初回が10%を切ったドラマもあるから最悪ではないが、蒼井がこれにこだわったから問題視されているのだ。

「まず蒼井の主演が先に決まって、何をやるかでモメたんです。候補に挙がったのは水木しげる原作『悪魔くん』でキャスティングまで決まりかけた。でも、彼女が納得しないのでポシャり、『おせん』になった。それでこの結果だからね」(マスコミ関係者)

 オットリして不思議なキャラのおかみ役は蒼井にピッタリ。入浴シーンも多くて楽しいドラマなのだが。


引用 Livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/3619001/
---------------------------------------------------

「おせん」私も第一話を見ました。なんか独特の雰囲気のドラマですね。
くせになりそうな気もします。


タグ:蒼井優
posted by 増田 at 01:14 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。