ワード

2008年05月28日

島田洋七「がばい」再映画化の不安材料

島田洋七(58)が自著「佐賀のがばいばあちゃん」を再映画化するため、初のメガホンをとる。20日にその製作発表が行われ、がばいばあちゃん役の香山美子、母親役の高島礼子など豪華キャスト陣も明かされた。

 だが、会場では「一昨年に映画化されたばかりなのになんで?」「続編なんじゃないの?」「洋七に映画が撮れるのか?」といった疑問がささやかれていたという。「小説が1000万部を売り上げて、印税もガッポガッポ。税金対策じゃない?」なんて声もあった。

 昨夏、洋七は「がばい――」関連の収益を巡って所属の吉本興業と対立して独立。今回の映画化に古巣はタッチしていない。タイトルに「島田洋七の――」を付けているのもそのためだ。

 しかし、前作に続き今作にも弟分の島田紳助や辻本茂雄ら吉本の人気タレントが多数出演する。洋七は「アイツらが“兄さん出させて”って言うから」と笑い話にしているが、「吉本抜きで個人的に交渉しているようです。ややこしいことにならなければいいんですが……」(情報通)と危惧する声もある。

 洋七にとって、独立後初の大仕事。さて、どうなりますか。


引用 Livedoor News
http://news.livedoor.com/article/detail/3656956/
-----------------------------------------------------------------------

これってどういうことなんでしょうね。
再映画化って??続編??
吉本興業との因縁なんでしょうか・・・

佐賀のがばいばあちゃん/吉行和子[DVD]
タグ:島田洋七
posted by 増田 at 01:00 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。